危険な病気を回避していくために | 中性脂肪値を下げる食品群

危険な病気を回避していくために

نوشته شده بوسیله : wensme در ساعت ۹:۱۴ ب.ظ | تاریخ : ۳۱ خرداد ۱۳۹۵

中年になってくるとどうしても肥満になる傾向があります。自分では意識していなくてもなぜだか脂肪分が増加する傾向にあるので、健康の事も考えてダイエットを考慮に入れていかないと肥満になってしまうのです。

特に中性脂肪が高くなってきている可能性があるので、血液検査などをしたときには中性脂肪値をチェックする事が大事です。この値が増加してきた場合には、高血圧になる可能性も高ければそれに伴って動脈硬化になってしまう問題点があります。

脂質異常症という脂肪分が血液に増加してしまう問題が考えられるので、そのような危険な状態が続いてしまうとメタボリックシンドロームの要因となり、最終的には糖尿病になる可能性も高めてしまうのです。

自分では大食いをしているつもりではないのに、どうしても太ってしまいます。これは、若い頃よりも毎日の活動量が低下していることが問題であり、その活動量に応じて食事の量を抑えたりする必要があります。

しかし、美味しい食べ物を毎日食べていながら、徐々に量を減らすというのは難し事です。危険な病気になってしまうかもしれないと自分では意識していても、美味しい食べ物はいつまでも多く食べてしまう状態が続くのです。

肥満も危険な状態になってくると、股ずれやエクササイズが困難になったりと、医師の指導の下で改善策を考える必要が出てきます。そのような状態になる前にエクササイズを継続し、ある程度の体重まで落としていく必要があります。

コレステロールの数値も上昇していくと、メタボの状態になり危険な病気になる可能性を高めるのです。血流の流れが滞ってくると心筋梗塞や脳梗塞のような危険な病気の可能性を高めるのです。

これらも、毎日の運動量が少なく高カロリーな食事を食べていることが要因となり、カルシウム不足で骨粗しょう症になったりするのも、体を動かしていない事が要因となるのです。

つまり危険な疾患を避けるためには、運動量をある程度キープする習慣が求められ、毎日の仕事の時間で運動量が確保出来ない場合は、プライベートにエクササイズをする時間を設ける必要があるのです。

自分では危険な膝下になる可能性はほとんど無いと安心して生活する人は多くいます。しかし、そのような人達が将来的に糖尿病やその他の危険な病気になって後悔することが多いのです。



تحت دسته : دسته‌بندی نشده
نظرات (۰)

نظرات این پست را از طریق RSS دنبال کنید!

قسمت نظرات بسته است